一般社団法人花巻観光協会[岩手県花巻市] イーハトーブの一番星をめぐる花巻の旅

花巻を観る

花巻の一番星をめぐる

花巻市総合文化財センターはなまきしそうごうぶんかざいせんたー

花巻市内の埋蔵文化財資料を1ヶ所に集約して恒久的に収蔵保管し、調査研究や整理作業を行い、市内文化財の情報発信や保護の拠点となる施設です。
また、山岳博物館の貴重な資料を移管し、展示保管施設の役割も担う総合施設です。


■令和元年7月13日(土)より総合文化財センター企画展「豊沢川流域のエミシ」展が開催されております。
日時:2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)(会期中無休)
   9時~17時まで(最終入館時間は16時30分まで)

展示構成
(1)エミシとは―「毛人(エミシ)」「蝦夷(エミシ)」「蝦夷(エゾ)」
(2)豊沢川流域のエミシと暮らし(古墳時代?奈良時代)
(3)律令国家との交流(奈良時代~平安時代)
(4)その後のエミシ

詳細は添付チラシをご覧ください。


基本情報

住所〒028-3203
岩手県花巻市大迫町大迫3-39-1
電話・FAXTEL: 0198-29-4567 
FAX: 0198-48-3001
開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日12月28日~1月3日
入館料大人200円、高校生以下100円
駐車場
添付ファイル 総合文化財センター企画展「豊沢川流域のエミシ」展

アクセス

「花巻を観る」一覧に戻る