一般社団法人花巻観光協会[岩手県花巻市] イーハトーブの一番星をめぐる花巻の旅

花巻を観る

花巻の一番星をめぐる

身照寺しんしょうじ

宮沢賢治の菩提寺として有名で、ぎんどろ公園の近くにあり狭い石段を登ったところに本堂があります。
遠野南部家の菩提寺として南部政光(南部氏8代)が奥州八戸に建立した身照寺(身延寺)は天正19年(1591)焼失以来廃寺となっていましたが、政光の子孫である山梨県身延町鏡円坊住職南部日実上人は、これを残念に思い再建を発願しその地を花巻と定めました。
昭和3年宮沢賢治の叔父宮沢恒治ほか町有志及び有縁の信徒は敷地を求め堂宇を建立して、これを南部日実上人に寄進しました。熱心な法華経の信者であった宮沢賢治は、このとき叔父の求めに応じて「法華堂建立勧進文」を創案しています。
その後、町有志、信者の努力によって身照寺(身延寺)を継承して昭和21年(1946)遠光山身照寺と称するようになりました。昭和26年宮沢家の菩提寺であった安浄寺(浄土真宗)より当寺に改宗されました。

基本情報

住所〒025-0095
岩手県花巻市石神町389
電話・FAXTEL: 0198-24-8120 

トリップアドバイザー

アクセス

「花巻を観る」一覧に戻る