東北ほんもの体験

東北ほんもの体験 page 44/52

電子ブックを開く

このページは 東北ほんもの体験 の電子ブックに掲載されている44ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
東北ほんもの体験

地元学-宮沢賢治の世界宮沢賢治記念館を訪ねてみよう宮沢賢治の作品について理解を深めながら、花巻の風土に育った賢治の人物像に迫る。資料宮沢賢治期間通年人数100名以内時間約1時間?宮沢賢治記念館宮沢賢治記念館は、詩や童話、教育、農業、科学と多彩な活動を繰り広げた賢治の世界に親しんでもらうための施設で、昭和57年9月21日(9月21日は賢治の命日)に開館しました。以来賢治を愛好するたくさんの方が記念館を訪れ、その数は年間20万人を超えます。宮沢賢治記念館では賢治の愛用品、原稿など賢治ゆかりのものの展示のほか、ビデオやスライド、図書資料などで賢治宇宙にアプローチすることができます。イーハトーブの世界をぜひ一度、あなた自身で感じ取ってみてはいかがでしょうか。?宮沢賢治の博物学宮沢賢治が昆虫採集や鉱物採集に興味を持ったのは、小学校4年生の頃と言われています。「石っこ賢さん」とあだなを付けられ、豊沢川をさかのぼってずっと奥まで歩き回りました。県立盛岡中学校に入学後、賢治は植物・鉱物採集と星座に熱中しました。近くの野山を歩いて、熱心に植物や岩石標本を採集してまわり、Helpというあだ名がついたほどでした。盛岡中二年の時に初めて岩手山に登頂してからは、後には一人でも登るようになり、中学、高等農林時代を通じて30回を超える岩手山登山を繰り返すほど岩手山を愛しました。中学時代の賢治のもっとも得意な科目はもちろん、この博物学でした。賢治の人一倍強かった鉱物に対する興味や、岩手山、小岩井農場の雄大な自然、それから得られた詩想は、後の作品の数々に散りばめられています。?宮沢賢治童話村宮沢賢治童話村は、今にもジョバンニや又三郎、山猫が出てきそうな賢治童話の世界で楽しく遊ぶ「楽習施設」で、平成8年10月に現在の形でオープンしました。童話村は、「銀河ステーション」、「銀河ステーション広場」、「妖精の小径」、「天空の広場」、「山野草園」、そしてメインの「賢治の学校」があり、賢治の学校の中は、「ファンタジックホール」、「宇宙」、「天空」、「大地」、「水」の5つのゾーンに分かれています。また、平成13年8月1日にはログハウス展示施設「賢治の教室」もオープンしました。タイムスケジュールモデルコース1ボランティアガイドへ挨拶2宮沢賢治記念館見学3胡四王山一帯の植物観察4宮沢賢治についての講話5賢治童話アニメ鑑賞6ボランティアガイドへ質問7感想発表と挨拶8解散1.バスで15分/徒歩8分宮沢賢治記念館植物観察花ポランの広場イーハトーブ館賢治童話村2.3.4.5.巻駅岩手軽便鉄道コース(徒歩約120分)街中コース(徒歩約90分)ぎんどろコース(徒歩約90分)バスで12分雨ニモマケズ・桜コース(約90分)※一部バス・電車などの利用も可能小学生[高学年]中学生高校生テーマ宮沢賢治の生いたちを知る詩人、作家としての功績を知る農業指導者、地質学者としての功績を知る事前学習宮沢賢治の伝記と作品を読む『風の又三郎』事後学習宮沢賢治の伝記と作品を読む『銀河鉄道の夜』登場する星座を調べる記念館を見学して感想文を書く賢治の生い『銀河鉄道の夜』で賢治が伝えたかったことを感たちを年表にする想文に書く『銀河鉄道の夜』ルートマップ作成宮沢賢治の伝記と作品を読む『雨ニモマケズ』当時の日本の農業の現状を調べる賢治が求めた「世界平和」について感想文を書いてみる賢治の功績が農業にどのように貢献したかまとめてみる参考資料学校の図書館にある宮沢賢治の書籍/宮沢賢治記念館ホームページ43