「雨ニモマケズ」詩碑

宮沢賢治関連

宮沢賢治は大正15年3月に花巻農学校を退職し、4月には宮沢家の別宅であったこの場所に移り、独居自炊で農耕生活を始めました。そして、その理想であった「羅須地人協会」を開設し、主に近在の農業青年に化学・土壌・農民芸術概論等を講義し、農村をまわっては稲作、肥料の指導相談をしました。
昭和8年宮沢賢治が亡くなったのち、その家のあった跡に今の詩碑が建立されました。詩碑には遺骨、御経などが納められ、碑文には死後見つかった手帳の11月3日の日付がある「雨ニモマケズ」の後半部分が選ばれました。この碑は高村光太郎の書によるものです。命日の9月21日には毎年この碑の前で賢治祭が開かれています。

碑 文 野原ノ松ノ林ノ蔭の小サナ萱ブキノ小屋二ヰテ
     東ニ病気ノコドモアレバ「行ッテ看病シテヤリ
     西ニツカレタ母アレバ「行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
     南ニ死ニサウナ人アレバ「行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
     北ニケンクヮヤソショウガアレバ
     ツマラナイカラヤメロトイヒ
     ヒドリノトキハナミダヲナガシ
     サムサノナツハオロオロアルキ
     ミンナニデクノボートヨバレ
     ホメラレモセズ クニモサレズ
     「サウイフモノニ「ワタシハナリタイ

碑 身  高さ314cm 幅141cm 厚さ30cm

設置年  昭和11年11月21日

詩:宮沢賢治  書:高村光太郎

カテゴリ 宮沢賢治関連
所在地 花巻市桜町4丁目
連絡先 0198-29-4522
連絡先名 花巻観光協会

交通アクセス

  最寄り 距離(km) 車(分) 徒歩(分)
新花巻駅から   7.2 8 2h13
最寄の駅から 花巻 3 4 50
最寄のICから 花巻南 4.8 6
最寄のバス停 賢治詩碑前 0.5 9
花巻空港から   7 8 2h10

バスの本数

平日 花巻14本 土日 花巻11本

駐車場収容台数

自家用車 12
大型バス
身障者用

単位:台

周辺マップ

前のページに戻る