あんどんまつり

開催日 平成28年 8月14日・8月16日
開催時間 16:00〜22:00
開催場所 花巻市大迫町大迫地区内
イベント概要 およそ200年の歴史を持つ大迫のお盆の伝統行事「あんどんまつり」は、江戸時代の天明(1781〜88)・天保(1830〜43)と打ち続いた大飢饉で餓死した人々を供養するために始まったと伝えられています。その始まりは、大迫の僧侶が信徒の若者と図り施餓鬼供養として、あんどんを手に持ち引き回ったものといわれ現在の形である大八車に乗せて運行するようになったには、明治頃と言われています。
かつては、8月14日・15日・16日の3日間山車が運行され、毎日出し物を作り変えて曳き出していましたが、現在は中日を休み14日・16日の2日間とするようになりました。 出し物には、武者絵や歌舞伎の題材のほか、先祖供養の仏画などが描かれ、各地区の若者が中心となり、4台の山車が町内を練り歩きます。
現在は花巻市の無形民俗文化財(平成17年3月25日)に指定されています。
連絡先 大迫あんどん山車保存会(花巻市大迫総合支所内)
お問い合わせ
電話番号
0198-48-2111

周辺マップ